長友佑都は若い頃より髪の毛が薄い!?日本語忘れる?すごい年俸と愛用スパイク!

サッカー
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク
Pocket

今回は日本の左サイドバックと言えばこの人!FC東京の長友佑都選手について書いていきたいと思います。

長友佑都選手といえば全盛期にはイタリアのインテルでレギュラーを獲得し、その後トルコを経てフランスのマルセイユへ行き、そこから日本のJリーグに帰還し、日本サッカー界をもっと盛り上げてくている選手です。

日本代表においても試合出場数が遠藤保仁選手に次いで歴代2位という素晴らしい経歴を持っています。

そんな、長友佑都選手の

若い頃から比べると髪の毛が薄くなってきているって本当なの?

海外生活が長すぎて、日本語を忘れてしまった!?

海外クラブからの移籍で年俸は爆上がり!?

愛用スパイクご紹介!!

というようなことを書いていくので最後まで楽しんでいってください。

スポンサーリンク

長友佑都選手のプロフィール!

名前:長友佑都(ながとも ゆうと)

生年月日:1986年9月12日

出身地:愛媛県西条市

身長:170cm

体重:68kg

出身高校:東福岡高等学校

出身大学:明治大学

長友佑都選手の若い頃より薄くなってる?

長友佑都選手が東福岡高校時代の画像ってテレビなどでよく見かけます

高校時代の若い頃からおでこは広いほうなんではないでしょうか。

ただ、薄いというイメージはありませんね。

若い頃からおでこが広かったり、髪の毛が細い人はいるので、気にならない程度だと思います。

そして、Jリーグに復帰、FC東京に移籍してからの雨の日の試合中の画像がこちらです。

確かに頭皮は見えているのですが、かなり雨に濡れて汗もびっしょりかいてます。

それなりに髪の毛がある人でもここまで髪の毛が濡れていたら、薄く見えてしまうと思います。

ロシアW杯のときに一度金髪にしたことがあります。

個人的にはこの金髪は好きでした。

でも、長友佑都選手本人はインタビューでこんな風に話しています。

「薄毛気になってきたけど、チームを救いたい。みんな笑って。。。www」

引用:goal

本人が気にしてるって言っちゃってますね!

ですが、結論を言うと、

長友佑都選手はもともとおでこは広め。

髪の毛が細いので、雨や汗で濡れるとどうしても薄く見えてしまう。

一般男性も同様に若い頃に比べると、薄くなるのはあたりまえ。

ということになります。

今後も温かく見守っていきましょう。

長友佑都選手、日本語を忘れる?

長友佑都選手はイタリアのインテルミラノに所属していたころのインタビューでうっかり日本語を忘れてしまったという珍事が起きました(^^)/

どんだけイタリアになじんでるんだっていう話ですが、長友佑都選手らしいお茶目な一面が見れました。

イタリアを離れた長友佑都選手はその後トルコリーグへ。

そして、フランスリーグを経て日本に帰ってきました。

今は日本語を忘れることはないとは思いますが、長友佑都選手ならなぜかまた同じことをやってくれそうな予感がしていますwww

長友佑都選手のインタビューから目が離せませんね!!

長友佑都選手の年俸は?

長友佑都選手のFC東京での年俸はおよそ5000万円だと言われています。

長友佑都選手の実績からすると低く感じますが。

チームの経営状況なども加味してのことでしょう。

選手生活のなかで一番年俸が高かった時期は、なんとトルコガラタサライ時代の3億1000万円でした。

インテル時代が一番かと思っていたから驚きました。

そうやって見ると、FC東京からプロのサッカー選手になって、チームに恩返しするという長友佑都選手の男気みたいなものが、なんとなく伝わってきますね。

やっぱり熱い男です!!

長友佑都選手の愛用スパイク!

長友佑都選手の愛用スパイクはナイキ「マーキュリアル スーパーフライ8」

このスパイクは下記の通りスピードを重要視する選手にはなくてはならない一足です。

伸縮性のある履き口でサポート性を強化。画期的なプレートが瞬時に反発力を発揮し、ハイスピードでのすばやいカットを実現します。

NIKE公式HP

長友佑都選手以外にも

クリスチアーノ・ロナウド選手やキリアン・ムバッペ選手などが着用していることで有名ですよね(^^)/

まとめ

今回はまだまだ成長期の長友佑都選手についてでした。

34歳でベテランと呼ばれるくらいの年齢になってきました。

髪の毛は若干薄くなってきていて本人も気にしているようですが、でもやっぱりサッカーをしている長友佑都選手はかっこいいです!!

今後も日本のサッカー界を引っ張っていってほしいですね。

応援しています!!

 

 

Pocket

タイトルとURLをコピーしました