2015.5.17

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

Pocket

image今回は自分の中で

常に意識していることについて

お話します\( ¨̮ )/

お付き合いください♪♪♪

 

子供が産まれるまでは

自分のことだけで良くて、自分さえ良ければ

という考えが強かったように思います。

 

3年前長男を初めて産んだ日のこと

今でも鮮明に覚えています✧‧˚

出産は未知の世界で

出産後は朝まで興奮して眠れませんでした。

私が出産した日の週は

偶然にも出産がなく入院生活を

ほとんど1人で過ごした記憶しかありません。

そのため同じ時期に産んだママ友も出来ず

相談が出来ないことに

悩んだことがとても多かったです。

 

長男はおっぱいを飲むことが

あまり上手ではなく

また私もおっぱいをくわえさせることが

すごく下手だったことから

母乳育児の軌道にのるまで

ものすごく時間がかかりました。

そのため外出するのも一苦労。

1人だった今まで通りにはいきません。

長男は寝るのも下手で

基本は抱っこ紐の中でしか寝ない子でした。

母親3ヶ月の頃の私は

『赤ちゃん=泣く 』ってことが

まだまだ理解出来ず

『 泣かせたらダメ!!』

赤ちゃんが泣いたら

『早く泣き止ませなきゃ 』という

気持ちでいっぱいでした。

新米ママならあるあるなのかな??

お出かけ先で

大声で泣く赤ちゃんに

だんだん自分が焦って

周りが見えなくなることもありました。

 

2人目を出産してから

『赤ちゃんは泣くのが仕事 』の意味を

理解出来てからは

泣くことには少々のことでは

焦ることもなくなりました。

けれど

2歳児の長男はまだまだ甘えたい盛り。

我慢するように伝えても

自分の欲求を満たすことの方が先です。

0歳の長女にかかりきりの私には

時間の出来るだけを長男と関わりにと

頑張っては見るものの

母親の身は1つ。

やはり同じことは同時に出来ず

我慢させることもしばしば。

長女の世話でバタバタしている時に

長男が駄々をこねて泣くと

焦ってしまいイライラして

ついキツイ言葉になってしまいます。

そうした子供達との日々の中で

ある日長男が裸になり

そのまま夕ご飯を食べだしました。

いつもなら『お行儀が悪い 』と

怒るとこですが…

なぜかその日は

そんな長男の行動の成長が

愛おしく感じて笑ってしまいました。

その時長男も私の笑う顔に

万遍の笑みで『 おかしいねー』と

わかっていて脱いでることを

教えてくれました。

そんな時に

 

『 余裕を持つ』

 

これが大切だなーと感じました。

それからは

出来る限り余裕を持てるように

意識するようになりました。

ある程度、子供の行動の予測を立てて…笑

気持ちに余裕があれば人に優しくなれます。

家族に優しくなれます♡

一緒に『余裕を持つ 』意識始めませんか??

Sponsored Link

 

Pocket

Sponsored Link

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント